歯の色、銀歯が気になる(審美治療・ホワイトニング)|仙川・祖師谷の歯科医院「たま歯科医院」のWebサイト

歯の色、銀歯が気になる(審美治療・ホワイトニング)

審美治療で自然な歯に

文字サイズ
大きめ
標準

審美治療とは?

審美治療とは?イメージ

治療した歯に詰めた金属が気になることはありませんか? 「笑うと銀歯が見える」「口を開けると金属が見えて不自然」など金属の詰め物・被せ物でお悩みの方に審美治療を行っています。金属の詰め物・被せ物を白いセラミック素材に替えることで自然な見た目の口元が実現します。

取扱い素材のご紹介

オールセラミックイメージ

オールセラミック

すべてセラミックでできています。強度も強いうえに美しく、自然な白さが特徴です。

メタルボンドイメージ

メタルボンド

中が金属で、外側がセラミックの素材。見た目の自然さは他の素材に劣りますが、金属を使っているので強度が高いです。ただし、金属を用いているため、金属アレルギーの方には使えません。

ラミネートベニアイメージ

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削ってセラミック板を貼り付けます。主に前歯の色や形を改善する治療に使われます。

レジンインレーイメージ

レジンインレー

プラスチックの詰物です。金属と比較して強度が弱いです。
時間の経過と共に劣化し、変色や着色により白さが失われ、割れや欠けが発生することもあります。

ホワイトニングで白い歯を手に入れる

歯の変色の原因

「最近歯が黄ばんできた……」鏡を見たら、自分の歯の色に「あれ?」と思った経験はありませんか? 歯の変色には2つの原因があります。

飲食物による色素沈着

まず1つ目は、色素沈着によるもの。コーヒー、お茶、赤ワイン、コーラ、カレーなど色の濃い飲食物は色素沈着の原因になると言われています。また、タバコのヤニも変色する原因になります。

加齢によりエナメル質が薄くなるため

もう1つは加齢によるもの。加齢とともに歯の表面の白いエナメル質が薄くなり、内部の象牙質がすけて見えるようになります。象牙質は褐色なので、表面が黄ばんでいるように見えるのです。

たま歯科医院のホワイトニング

当院では、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」を取り扱っています。高濃度の薬剤を歯に作用させ、短時間で歯を白くする処置です。

オフィスホワイトニングの流れ
診察・カウンセリング
お口の状態を診察し、ホワイトニングができる状態か確認します。口内に異常がなければ、カウンセリングにて希望などをうかがいます。
お口のクリーニング
着色や汚れの付着の状態を確認し、必要に応じて初めにお口のクリーニングを行います。
薬剤の塗布
歯全体に専用の薬剤を塗布します。
光照射
薬剤の効果を引き出す光を歯にあてます。1回5分の光照射を2回行います。
仕上げ
歯に残った薬剤を落とします。その後、しみるのを防ぐ薬剤と歯質を強くするフッ素を塗布して完了です。
およそ1週間に1度の間隔で3~4回かけて行い、希望の色に近づけていきます。