あごが痛い・口を開けると音がする(顎関節症)|仙川・祖師谷の歯科医院「たま歯科医院」のWebサイト

あごが痛い・口を開けると音がする(顎関節症)

顎関節症の症状と原因

文字サイズ
大きめ
標準

顎関節症の症状

顎関節症の症状イメージ

口を開けたときに「パキッ」と音がする方はいらっしゃいませんか?もしかしたら、それは顎関節症かもしれません。顎関節症は、あごの関節、靱帯(じんたい)、神経の不調によって起こる病気です。あごの関節がずれることでスムーズに開閉するためのスペースがなくなり、大きく口を開けたときに音がなるようになります。顎関節症は放置しておくと、炎症を起こしたり、大きく口を開けられなくなったりします。歯科医院で治療することにより、症状が改善される場合もありますので、お気軽にご相談ください。


顎関節症になる原因

顎関節症になる原因は様々。複数の要因が重なり起きる場合が多いようです。例えば、以下のようなことが顎関節症を引き起こしています。

顎関節症になる原因イメージ

  • ほおづえをつく
  • 姿勢が悪い
  • 足を組むことが多い
  • 口呼吸していることが多い
  • 歯ぎしり、食いしばり、歯をカチカチならすなどあごの関節に負担をかけるクセがある
  • ストレスが多い
  • 左右どちらか一方のあごで咬むクセがある
  • 歯並び・咬み合わせが乱れている

咬み合わせの悪さが顎関節症につながる

咬み合わせの悪さが顎関節症につながるイメージ

咬み合わせが悪く、左右どちらかのあごばかりを使うようになると、一方のあごに負担がかかり、一方のあごの筋肉は衰えます。顎関節症の原因は左右のあごの不均等やあごの筋肉の不足など。咬み合わせの矯正や、あごの筋肉のつけるなどで顎関節症を改善しましょう。


顎関節症の改善方法

開口訓練

開口訓練イメージ

開口や顎を動かす訓練をして口がよく開くようにする


悪習慣の改善

悪習慣の改善イメージ

顎関節症の原因を取り除くためのカウンセリングを行います。


薬物療法

痛みが強い場合に薬で炎症を抑えたり、筋肉が痛みで固まっている場合に筋弛緩剤を用いたりします。

そしてこのような専門的治療に加え、大事なのが前述した咬み合わせなど顎関節症を引き起こす原因を治療し、再発しないようにすることです。
当院では、顎関節症に詳しい医師が在籍しており、適切な診断、治療、アドバイスを行いますのでお気軽にご相談頂ければと思います。