小児歯科に関するご質問はこちらをご覧ください。仙川・祖師谷の歯科医院「たま歯科医院」によるWebサイトです。ドライマウス治療やマタニティ治療などを行っています。

お母さんと子どものための歯科 Q&A

お母さんからよくある質問

文字サイズ
大きめ
標準
Q 乳歯のむし歯は放っておいても大丈夫ですか?
A.乳歯のむし歯を放っておくのは危険です。永久歯が生えてきたときにむし歯や乱れた歯並びにつながります。お子様のむし歯を見つけたらお早めにご来院ください。
詳しくは「子どもの治療について(小児歯科)」をご覧ください。
Q いつから歯医者に通わせればいいですか?
A.年齢に関係なく、お子様のお口の状態に異変を感じたら、すぐにご来院ください。
Q.前歯の後ろから歯が生えてきました。対処方法を教えてください。
A.本来生えるはずのない位置から生えてくる歯を「過剰歯」といいます。そのままにしておくと、他の歯の歯並びにも影響します。おかしな位置から生える歯を見つけたらすぐにご来院ください。
Q.ぐらぐらしている乳歯の後ろに永久歯が生えてきました。歯医者さんに行ったほうがいいでしょうか?
A.本来、永久歯は乳歯の根を溶かしながら生えはじめ、最終的には乳歯と同じ位置に生えてきます。ですから、乳歯が抜けず、後ろに永久歯が出てくるときは乳歯の抜歯が必要です。すぐにご来院ください。
Q.おやつをあげる時間や量はどうすればいいですか?
A.食事の時間と、間隔をあけてあげるようにしてください。おやつの量はお子様の年齢や運動量などによって異なります。朝昼夜の食事に影響しない量をあげましょう。
おやつの選び方については「毎日のおやつ・ごはんについて」をご覧ください
Q.歯ブラシはどういうものを使えばいいですか?
A.乳歯が生えそろった1~5歳のお子様には、歯と歯の狭い隙間までみがけるギザギザにカットされた毛先のものがおすすめです。歯が生え替わりデコボコの歯並びなっている5歳以降のお子様には、先端の毛先を丸型にカットしたタイプが適しています。不ぞろいな高さの歯も均等にみがけます。
Q.歯みがきのとき、歯みがき粉は必要ですか?
A.歯みがき粉にはプラークを除去したり、口臭を防いだりする効果があり、フッ素配合のものならば歯質を強化する効果も期待できます。しかし、爽快感があるので、歯みがきをする時間が短くなってしまうというデメリットも歯みがき粉にはあります。歯みがき粉を使うときでも、しっかりみがくようにしましょう。
Q.フッ素入りの歯みがき粉でむし歯は防げますか?
A.すべてのむし歯を予防できるわけではありませんが、予防効果は期待できます。フッ素には歯質を強化する作用があるので、フッ素入りの商品を活用すればむし歯になりにくい強い歯にできるでしょう。
Q.子どもと一緒に診てもらうことはできますか?
A.もちろん可能です。お子様の診療に来た際は、お母様の検査や診療も行います。
Q.子どもの診療に親が同席してもいいですか?
A.お子様が泣くなどの場合は、慣れるまで1~2回の同席には応じています。しかし、「自分で治療を我慢した」という自信をお子様に持ってもらうためにも、極力はお子様一人で診療を受けるようにお願いしています。